デリケートゾーンのかゆみの原因と対策


デリケートゾーンのかゆみは、数ある悩みの中でもトップクラスに人に話しにくいものです。

かゆみの原因にはナプキンのかぶれのようによく知られるものもありますが、この他にもいくつかあります。

では、いったいどういったものがデリケートゾーンのかゆみの原因として考えられるのでしょうか。

原因1 ムレとそれに伴う雑菌の繁殖

デリケートゾーンのかゆみの原因として最も多いのが、「ムレ」。

デリケートゾーンには比較的数多くの汗腺が存在し汗の分泌が活発なこと、タイツや下着などで絞められやすいことが主な理由です。

こういった症状は不快感こそ強いものの、深刻な病気ではないことが大半です。

タイツやパンストといった日常使いするもののほかに、ナプキンのような一時的に使うものが原因のケースもあります。

とくにナプキンは、社会人の場合「忙しいから」、生理期間の後半は「あまり汚れていないから」と変える回数を極端に減らす人もいるのではないでしょうか?

このような場合、ナプキン上で予想をはるかに超えて雑菌が繁殖してしまった結果さらにかゆみを生むこともあります。

この対策には、普段からデリケートゾーンの正しい洗い方をすること、おりものシートやナプキンのようなものはきちんと毎回変えること、スカートのような風通しの良い服装を心がけること、といった対策が肝心になります。

原因2 体質、生活習慣やストレス

アレルギー体質の方や敏感肌の方の中には、デリケートゾーンのかゆみを感じる人がいます。

また、ストレスや疲れのため体の抵抗力が落ちている場合、妊娠中、ホルモンバランスが乱れる更年期、糖尿病といった身体の変化があるときにもデリケートゾーンのかゆみが起こりやすいとされています。

原因3 感染症

さて、原因1、2のいずれとも違う場合には感染症を疑うことも必要です。

風邪や疲労が原因で体調が良くない場合、人間の体表に普遍的に存在している「表皮常在菌」のバランスが崩れて増殖し、かゆみが起こることもあります。

最も有名な例として挙げられるのが、カッテージチーズのようなぽろぽろとしたおりものが見られる「膣カンジダ」です。

この他に、同じく表皮常在菌である大腸菌やブドウ球菌が原因となっておこる感染性外陰炎などもあります。

また、表皮常在菌だけでなく、性的接触に伴う感染症が原因となることもあります。

具体的には、トリコモナス原虫が原因となるトリコモナス膣炎、ヒトパピローマウイルスが原因となる尖圭コンジローマなどです。

かゆみだけではない異常を感じたら、念のために医師の診察を受けるようにしましょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン