デリケートゾーンのニオイの原因と対策


デリケートゾーンに関する悩みの中でもかゆみやムレと並ぶ、最も大きな悩みの一つがニオイです。

普段は人前にさらすことがない部分のため比較もできず、「自分のニオイは他の人よりもキツイのではないか」、「周りにこのニオイが漏れているのではないか」という不安を持つこともあるでしょう。

では、デリケートゾーンのニオイの原因は一体何なのでしょうか。

デリケートゾーンのニオイの原因は、雑菌の異常繁殖とその排泄物です。

デリケートゾーンには汗腺が多く分布し汗の分泌が活発あること、高温で湿った環境であることなどいくつかの理由により、種々の雑菌の繁殖に適した条件がそろっています。

例えばブドウ球菌や大腸菌といった細菌は「表皮常在菌」と呼ばれる、ヒトの肌に普遍的に存在している細菌です。

この最近は普段は人にとって有害とはなりませんが、異常繁殖した場合にニオイを放つ物質を生産し、そのためにデリケートゾーン特有のあの「ニオイ」となることもあります。

細菌の増殖と切っても切り離せない関係となるのが、増殖に必要ないわゆる「餌」です。

特にデリケートゾーンは構造が複雑であるため、トイレットペーパーのかす、おりものなどの分泌物が乾燥後こびりついたもの、といった細菌の「餌」となるものがたくさんある環境なのです。

加えて高温多湿という条件でもあることから、数ある人体の部分の中ではまさに雑菌の繁殖に最適ともいえる場所なのです。

雑菌の異常繁殖によるデリケートゾーンのニオイはよくあることであり、病気かと早合点するのは適切ではありません。

とはいえ、デリケートゾーンの病気の中にはいつもとは異なる「ニオイ」が症状として現れるものもあります。

婦人科系の病気では、ニオイだけでなくおりものや経血の量、色が異なることもあります。

徐々にではなく、ある日突然がらりとデリケートゾーンのニオイが変わったような場合は、婦人科系の病気である可能性を念頭に置いておき、もし違和感があれば医師の診察を受けるようにしましょう。

では、デリケートゾーンのニオイを変える病気には何があるのでしょうか。

デリケートゾーンの悪臭に加えておりものが黄色や緑色といったおかしな色である場合に疑う病気としては、「子宮頸がん」、「子宮内膜炎」、「淋病」、「細菌性膣炎」、「トリコモナス膣炎」といったものが挙げられます。

とくに淋病など一部の病気は性感染症であり、性交渉を通じて感染した可能性が非常に高いと思われます。

また性感染症は関係を結んだ相手に感染する恐れがあります。

対策としては、デリケートゾーンに雑菌を繁殖させないようにするのが最も効果的です。

高温多湿という条件を変えるのはほとんど無理ですが、日々適切にデリケートゾーンのケア(特に洗浄)を行うことである程度の増殖を抑えることができます。

ただし、洗いすぎるとデリケートゾーンの粘膜が本来持っている「自浄作用」を損ない細菌の増殖を徒に助長した結果、さらにニオイがひどくなるといったケースも感がられます。

そのため、ニオイが気になるからと強い力でゴシゴシ洗うような真似をしてはいけません。

性病検査ボタン デリケートゾーン