ウォシュレットの使いすぎに注意


最近のトイレでは、ウォシュレットと呼ばれる洗浄器のついたトイレが増えてきました。

人体には常在菌と呼ばれる健康な時には害を及ぼさない細菌が住んでいます。

これらの最近の多くは人間の皮脂などを食べて、酸性の膜を作ることで人間の皮膚を守っています。

女性の膣にもこの常在菌の一種であるデーデルライン桿菌と呼ばれる細菌が定着しており、膣の中のグリコーゲンを食べて乳酸と呼ばれる酸を産生する事で膣を酸性に保っています。

雑菌の多くは酸性の環境では増殖できないため、このデーデルライン桿菌が膣内の雑菌を抑えています。

ウォシュレットを使うと確かにきれいになりますが、おしっこの度にウォシュレットを使い膣を洗ってしまうと、この膣を雑菌から守っているデーデルライン桿菌まで過剰に洗い流してしまいます。

デーデルライン桿菌が減ると乳酸の酸性も減少するので、膣内は酸性からアルカリ性になり雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

性感染症の一つにトリコモナス膣炎と呼ばれる性病がありますが、この病気の病原菌はトリコモナスと言う寄生虫です。

このトリコモナスの症状として膣炎がありますが、これはトリコモナスが膣内でデーデル桿菌のエサとなるグリコーゲンを横取りしてしまい膣を守っているデーデルライン桿菌が減少してしまうのです。

デーデルライン桿菌が減少すると膣内では、乳酸が減り中性になってしまいます。

こうなると酸性の膣内であるから、増殖することができなかった雑菌が増殖しおりものに異常が出たりするのです。

あるデーターでは、ウォシュレットを常用している人は、していない人に比べ雑菌により炎症を起こしやすく細菌性膣炎にかかりやすいとされます。

また、妊娠中の女性は特に注意が必要で、早産や流産の原因の半分が膣炎であることから、膣炎の原因となる雑菌を減らすデーデルライン桿菌を保つようにしなければなりませんん。

性病検査ボタン デリケートゾーン