男性器や女性器のイボ・ぶつぶつ・水ぶくれ・潰瘍・しこり


男性器(ちんこ)のイボ

男性器やその周辺にイボができている場合は、尖圭コンジローマである可能性があります。

男性で症状が出る場所は、陰茎、亀頭部、冠状溝、包皮、陰嚢に白いイボや鶏のとさかの様なイボができます。

このイボの表面は光沢がなくザラザラした感じで、大きさはまちまちで、色は黄白色、紅色や褐色で、痛みはありません。

これは性行為により感染する病気なので、若年層での感染が多いです。

病原体は、ヒトパピローマウィルスの一種で、切除かドライアイスやレーザーで焼くことで治療がなされます。

女性器(まんこ・あそこ)のイボ

女性器やその周辺にイボができている場合は、尖圭コンジローマである可能性があります。

女性で症状が出る場所は、大小陰唇、膣前庭、膣、性器以外だと肛門の周囲や尿道口にも白いイボや鶏のとさかの様なイボができます。

通常コンジローマによるイボは痛みはありませんが、女性の場合はかゆく感じるケースがあります。

女性は、肛門周囲、外陰部、など自分で見れる部位にできる以外に膣内や口腔内にできる場合も有ります。

コンジローマ(HPV)とは

尖圭コンジローマとは、HPVと呼ばれるヒトパピローマウイルスが感染感染しイボができます。

男性では陰茎や亀頭、女性では外陰部や膣の皮膚組織にできますが、ウイルスが付着しただけでは感染しないのですが、性行為では性器同士の摩擦(まさつ)を伴うので小さな傷ができ、そこから体内に侵入します。

このヒトパピローマウィルスには種類があり、コンジローマになるものは低リスクに分類されますが、種類によっては子宮頸がんの原因となるハイリスク型HPVもあるので、HPV検査と子宮がん検査は定期的にされると良いでしょう。

男性器(ちんこ)のぶつぶつ・水ぶくれ・潰瘍

男性器(ちんこ)の亀頭(ペニスの先端)や包皮、陰茎体部、お尻に、赤いブツブツや水ぶくれ、かいよう(皮膚のただれ)ができた場合は性器ヘルペスの可能性があります。

性行為による感染者の患部との接触で感染し、相手が女性の場合は外陰部や口唇周囲に患部がありウイルスを放出している人とのセックスやフェラチオ(オーラルセックス)により感染します。

感染後2〜10日の潜伏期を過ぎて、男性器に複数の痛みを伴う小さな水疱(すいほう)や浅い潰瘍などが出ます。

他ではリンパ節がはれたり、尿道炎によって分泌物が出たり、倦怠感を感じることもあります。

女性器(まんこ・あそこ)のぶつぶつ・水ぶくれ・潰瘍

女性器の外陰や膣の入り口やお尻に、赤いブツブツや水ぶくれ、かいよう(皮膚のただれ)ができた場合は性器ヘルペスの可能性があり、時にこの患部が子宮頸部に及ぶ場合があります。

初発型(急性型)

女性が初めて感染した時は、症状が強く出る傾向があり外陰部に激しい痛みを感じたり、排尿痛があったり、ふとももの付け根のリンパ節が腫れたりし、症状が重い場合は発熱や頭痛があります。

皮膚症状としては、外陰部に小さな浅い潰瘍ができたり、水ぶくれのようになったり赤いブツブツが出る場合も有ります。

これらの症状が出るのは、感染後2日から1週間の潜伏期間を経た後発症します。

再発型

この病気が再発した時の症状は軽く、痛みなどはなまりなくかゆみやちょっとした違和感があるので気づかないかもしれません。

ヘルペスが繰り返し再発すると夏場などで下着が触れると痛んだりするのでわずらわしく、疲れて免疫力が低下したり、月経でホルモンバランスが崩れた時に発症する場合がります。

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは、感染頻度の高い性病で、性行為により病原体であるウイルスが感染し、性器やお尻の周辺に症状が出ます。

病原体の単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、主に下半身に症状が出るものが2型で、頭部に症状が出るものが1型です。

このウイルスは、初めて感染した時に免疫ができても、体力の低下などで再発し易いのが特徴です。

ヘルペスウイルスは一旦体内に侵入すると腰周りの神経の根元の神経細胞に潜伏し、潜伏感染の間に何らかのきっかけにウイルスが活性化し皮膚や粘膜で治癒と再発を繰り返します。

男性器(ちんこ)のしこり

男性の陰茎やくちびるに痛みの無いしこりができた場合は梅毒の可能性があります。

この痛みの無いしこりは包皮や陰茎など性器や性器周辺にでて、摩擦などでしこりが敗れるとびらんや潰瘍になります。

症状が進行すると氏の付け根にあるリンパ節が腫れ梅毒性リンパ節炎になりますが痛みはあまりありません。

このしこりを放置すると症状が無くなるので治ったと思ってしまいがちですが、病気は進行し第2期梅毒になり完治が難しくなります。

感染後、2~3ヵ月後で全身に発疹などの皮膚症状がでたり、性器に小豆大のイボのようなものができます。

潜伏期とに入ると症状が出なく、潜伏期間が長いので感染に気づかずに感染を広げてしまうので注意が必要です。

女性器(まんこ・あそこ)のしこり

女性器やくちびるに痛みの無いしこりができた場合は梅毒の可能性があります。

性行為の後に2~3週間ほどで陰部(大小陰唇や膣の内側)に固いしこりが発生しますが、痛みはありません。

その後、太ももの根もとのリンパ節が腫れますが、潜伏期に入ると症状が無くなります。

潜伏期では、症状はありませんが病気は進行しているので注意が必要です。

梅毒とは

梅毒は、梅毒トレポネーマ・パリダムという病原体がキスや性行為によって感染する病気です。

この病気の特徴は、皮膚や粘膜症状がある顕性梅毒と症状が出ない潜伏梅毒を繰り返しながら進行するので、感染に気づかずに悪化させてしまうことがしばしばです。

梅毒の感染経路は、性行為により性器から性器に感染するルートと口から口へ感染するルートがあり、血液により感染するので乳首への愛撫や、輸血からの感染の可能性もあります。

血液での感染も有ることから、カミソリなどの共用でも感染する可能性があります。

感染のメカニズムは皮膚や粘膜の小さい傷から感染し、病気が進行すると内臓・心血管系・骨・中枢神経など、全身の器官に感染し病状を悪化させます。

治療はペニシリンと言う抗生物質で治療する事ができ、早期発見ができれば治療は簡単ですが、梅毒が進行すると完治は難しくなります。

性病検査ボタン あそこのケアグッズ