「あそこが痛い!かゆい!」女性器に痛み・かゆみ・だだれ・腫れがある時に考えられる疾患

デリケートゾーンが傷んだり、かゆくなったり、もしくはただれ出したり、腫れがでてきたら…。それは一体何を意味しているのでしょうか。解説していきます。
まずは女性なら多かれ少なかれ体験したことがある、デリケートゾーンの痒みですが、
これは接触性皮膚炎と呼ばれる、<かぶれ>です。
不潔な状態にしておく事でも痒くなります。例えば使用人口も多いおりものシートですが、実は通気性は良くありません。パンツにおりものがつくと気にする人も多いのですが、おりものの量によっては、吸収しきれなかったおりものが逆流するなど衛生的とは言えない現象も起こり得ます。
特に夏は気を付けないと不衛生になりがちなので気を付けましょう。
またストッキングや生理用品などで蒸れた不潔な状態が続いたり、体調が悪いと、いんきんたむしという水虫の一種が発症する事もあります。
ここでの注意点は、だからと言って洗いすぎない、という事です。洗いすぎる事で本当は体に必要な菌まで奪ってしまう事になるからです。ナプキンをこまめに取り換えたり、必要であれば下着を取り換えるようにしましょう。
ただ痒いだけではなくて、おりものが増えた場合はカンジタが疑われます。
このいんきんたむしとカンジタは症状も似ている上、どちらも元々体に常駐する菌です。
よく違いがわからなければ受診したほうがいいかもしれません。
また、痒み、ただれ、腫れを引き起こす性病としては、
膣トリコモナス症/クラミジア/淋病/ヘルペス/毛ジラミなどが考えられます。
膣トリコモナスは性交渉での感染がほとんどですがタオルや便座などの共有で感染する事もあるようです。症状はおりものの増加、性器の激しい痒み、泡状の臭いおりものが出る場合もあります。
クラミジアは日本で感染者数NO.1の性病です。しかしながら女性では症状が出る事は少なく、おりものが多くなる程度でしょう。なお淋病も症状が似ていますが、出産時に子供に移ると重度の結膜炎を引き起こすことがあり大変危険です。またこの性病の放置は不妊につながるリスクも高いです。
ヘルペスについては、感染すると止まらない痒みが生じ、小さな水ぶくれができます。かゆいからと言って触ると激痛を感じます。性交渉で罹る事もあればストレスで発症する事もあります。
毛ジラミは感染するといてもたってもいられないほどの痒みを患います。性交渉はもちろんの事、感染者との衣類の共有などで感染する事もあります。
とにかく女性の場合は性病イコール不妊につながることも少なくありません。痒み、痛みがあったり、自分ではわからない症状があればすぐに病院を受診しましょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン