おりものの色やにおいがおかしい

性病のおりものの異常

女性はおりものの状態によって体調の変化を確認することができます。

排卵期や月経前など、多少おりものの量が変化することはありますが、その他でおりものの異常が見られたら、何らかの体のサインだと考えるべきでしょう。

例えばストレスや免疫の低下によって、おりものの量が増えることもあります。

健康な状態のおりものは、透明または乳白色の色ですが、乾燥したら黄色っぽくなることもあります。

においは基本的に無臭ですが、若干酸っぱいにおいがすることもあります。

それではここでおりものの色や臭いの変化によって、どのような性病が考えられるかを挙げて見ましょう。

おりものの色

白くてヨーグルト状のポロポロしたおりものが出た場合には、カンジダ膣炎にかかっている可能性があります。

またかゆみを伴うことも多いといわれています。

膿のような黄色や黄緑色のおりものの場合は、淋病に感染している可能性があります。

淋病は放置していて治ることはありませんので、完治するまで治療することが重要です。

ピンクや茶色いおりものの場合には、血が混ざっているということです。

この場合にはクラミジア頸管炎の可能性があります。また水っぽくてたくさんおりものがある場合にも、クラミジア頸管炎かもしれません。

臭いの異常

腐ったような悪臭がするおりものが出る場合には、トリコモナス膣炎の可能性が高いでしょう。

また黄色や黄緑色で泡を含んだおりものが見られることもあります。

鼻を突くような腐敗臭で黄緑色の膿のようなおりものが出る場合には、細菌性膣炎の可能性があります。

かゆみはあまりありませんが、陰部が赤く腫れたりただれたりします。

このようにおりものの色や臭いが異常である場合には、性病にかかっている可能性が高いといえるでしょう。

性病はそのまま放置していて自然に治るものはありません。治療が長く続いたり、他の合併症を起こす恐れもありますので、きちんと完治するまでパートナーと共に治療を続けることが重要でしょう。

性病検査ボタン デリケートゾーン