生理の時にデリケートゾーン・陰部がかゆくなる原因と対策

生理中は体のだるさ、熱っぽさといった症状に加え、経血によるムレやかぶれなど、様々な不快な症状が現れます。

とくに、生理中に限ってデリケートゾーンがかゆくなり、ムズムズしてナプキンの上からかきむしってしまう、という方もいるのではないでしょうか。

では、なぜ生理中には陰部がかゆくなってしまうのでしょう。

生理中のかぶれ、かゆみの最もおおきな原因となるのはずばり「ムレ」です。

生理中は経血に加え、ナプキンの影響で普段よりもデリケートゾーンが湿った状態となっています。

そのため、ただでさえ繊細なデリケートゾーンの肌はダメージを受け、生理用品による摩擦のために皮膚がこすれてかゆみやかぶれを引き起こすのです。

これは特にもともと肌が弱いひとに起こりやすいとされています。

また、物理的な刺激に加え、デリケートゾーンに生活習慣が原因でかゆみがおこることもあります。

例えば、ストレスや睡眠不足で身体本来の抵抗力が落ちてしまうとデリケートゾーンのバリア機能が弱まり、雑菌が繁殖しやすくなります。

その結果、かゆみやニオイといったトラブルにつながることもあります。

生理中のかゆみを抑える対策としては、何よりも陰部を清潔に保つことが大切です。

この時期は経血などのためふだんよりもケアがおざなりになりがちですが、そのままではかゆみは一向におさまりません。

ケアとしては、汗をかいたとき、おりものや経血で下着が汚れた際はこまめに新しいものにかえること、お風呂では石鹸とぬるま湯でデリケートゾーンをやさしく洗うこと、といったものがあります。

また、生理中のケアとして同様におすすめなのがデリケートゾーンの通気性をよくすることです。

寒いとタイツをはく、というかたも多いでしょうが、タイツのようなぴったりとしたものは陰部をしめつけ、ムレを助長し陰部のかゆみをもたらす一因にもなります。

まず、下着の素材は綿のような肌にやさしく通気性のよいものにする、細身のタイツやストッキングは避け、ゆったりとした服装を心がける、といった対処方が考えられます。

セクシーさで有名なガーターベルトですが、こちらはストッキングのような締め付けが少なく、さらにはムレも解消されるという利点があります。

なかなか大胆と思うかもしれませんが、一考の価値はありそうです。

生理中、経血やニオイ漏れの不安からスカートよりもパンツを選んで着る方も多いと思います。

しかし、前述の通り細身かつフルレングスのパンツはムレ、かゆみの原因になるのです。

そのため、思い切ってスカートをはくと通気性がよくなり、におい、ムレの解消にもつながることになります。

最近は動きやすい様々なスカートが販売されていますので、自分のお気に入りを身に着けると生理中のブルーな気分も改善できるかもしれませんよ。

性病検査ボタン デリケートゾーン