デリケートゾーンのかぶれの原因と対策

ムレやかゆみ、ニオイとデリケートゾーンの悩みはつきないもの。

この他にも、この部イにまつわる悩みとしてままあるのがデリケートゾーンの「かぶれ」です。

では、どのようなことがデリケートゾーンのかぶれの原因となるのでしょうか。

デリケートゾーンのかぶれの原因はいくつかあります。まずは、ムレなどにより湿度が高い状態が続いた結果、皮膚がふやけて摩擦ダメージに弱くなります。

デリケートゾーンは普段からおりものなどの影響のため高湿度ですが、生理中はとくに湿気が高くなります。

そのため、通常時よりも生理中の方がかぶれは起こりやすくなります。

また、ムレが原因となるかぶれの場合は衣服の通気性が問題となっています。

締め付けの少ない緩めのものを選ぶ、化学繊維よりは天然素材(綿・シルクなど)を選ぶ、といった対策があります。

ムレかぶれは元々肌がデリケートな方、ストレスや生活習慣が原因で身体の抵抗力が落ちているかたによく起こります。

そのため、前述の対策に加えて規則正しい生活を送ることも大切です。

次にデリケートゾーンのかぶれが起こるのは、ムレに加えて物理的な刺激があるケース。

まず最も多いのは、生理中のナプキンが原因となるケースです。最近のナプキンは吸湿性が高いため、ついつい交換を忘れる、さぼってしまう、という人もいると思います。

しかしながら、ナプキンは長時間つければつけるほど雑菌の繁殖は活発になります。

そのため、あまり経血量が多くない、と言った場合でもこまめに変えるように心がけることで、ナプキンかぶれを防ぐことができます。

また、同様におりものシートを利用している方は、1日につき数回変えるようにした方が良いでしょう。

そして3つ目は、ムレや刺激ではなく感染症が原因となるケースです。この場合の感染症には、日和見菌の異常増殖によるもの、性的接触が原因となる性感染症のどちらも含みます。

日和見菌とは、ヒトの身体に恒常的に生息している細菌で、外部から人間に有害となる菌が入ってくるのを防ぐ役割を果たしています。

この中には大腸菌やブドウ球菌のようななじみ深い細菌も含まれています。

例えば、日和見菌であるカンジダ菌が異常繁殖した場合、異様な臭いのおりものがでることもあります。

性感染症としてかぶれの原因となるのは、淋菌が感染したことによる淋病などがあります。

こういった感染症が原因でかぶれが起きている場合、治療することでかぶれが治ることもあります。

治療は市販の医薬品に頼るよりも、婦人科系の医師にかかることをおすすめします。

性感染症は別ですが、カンジダ菌のような日和見菌の増殖の原因はストレスや免疫力の低下です。

つまり、自分の日々の生活の見直し、デリケートゾーンの清潔を保つ、と言った対策が有効です。

性病検査ボタン デリケートゾーン