淋病(淋菌感染症)

淋病

症状

淋病は淋菌が感染して発症する性病です。女性が感染すると子宮に炎症が起こりおりものが増えたり悪臭がするなどの症状が見られますが、自覚症状がほとんどない場合もあります。

そのまま放置していると子宮外妊娠や不妊の原因ともなる可能性があります。

男性の場合は尿道が感染して排尿の際の痛みや膿などの症状がありますが、人によってはほとんど自覚症状がない場合もあります。

放置していると生殖器に炎症が起こり無精子症になる可能性があります。

感染経路

淋病はセックスやオーラルセックスで感染しますが、1度の性行為で30%感染するという、強い感染力を持つ性病です。

淋菌は喉にも感染するので、性器と性器の接触だけでなく愛撫をする場合にも注意しなければならないでしょう。

このような性行為以外での感染はほとんどありません。

ただ妊娠中の場合には出産時に赤ちゃんが淋菌に感染して淋菌結膜炎や角膜潰瘍になる恐れがあり、両眼が失明する可能性もあります。

検査法

感染してから発症まで2~7日かかりますが、男性は初尿を検査して、女性の場合は子宮頚管から出てくる分泌物を検査します。

咽頭感染した場合には症状がほとんどないことが多いですが、咽頭周辺の液やうがい液で検査を行います。

治療法

淋病の治療を行なうために、筋肉注射や静脈注射で抗生剤を投与して薬を服用します。

3日以上投与して症状を見ながら再検査を行って完治したかどうか確認します。

完治していない状態で治療をストップすると、不妊や無精子症になる危険性がありますので、完全に治るまで治療を続けなければなりません。

予防法

淋菌は精液や膣液に含まれているので、淋病はあらゆる性行為によって感染します。

これを予防するためには感染者とのあらゆる性行為を行なわないことが重要です。

コンドームを使用することで防ぐことが可能ですが、正しく使用しなければ効果はありません。

オーラルセックスでも感染しますので、その際にも使用する必要があるでしょう。

挿入直前にコンドームを装着すると感染を防止できない可能性がありますので、感染者との性行為は避けるほうが無難です。

性病検査ボタン デリケートゾーン